スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続175


ほとんど放置状態。
やっとネックのジョイント部の擦り合わせが済んだところ。
スポンサーサイト

シェラック

フレンチポリッシュ。
やっとわかったよ。

175

175のコピーを試みる。

アイチ木材さんの合板にパラレルブレース。
いつも悩むのはその位置。
基本的にはブリッジ駒の真下を通る様に配置するものだと思うけど、その距離はおよそ7センチ。
でもハムバッカーを仕込もうとすると9センチは逃げたい。
そうすると逆ハの字になっちゃう。
どこかから図面を探してきてもいいのだけれど。。
以前作った時はどうしてたかというと、ブリッジ駒位置を重視して八の字に(フローティングPUの場合は問題無いが、マウントに変更した際にブレースを切ってしまった)していた。
今回はブレースを切らずにPUが収まる様にブレース内寸を9センチにした。
で、代わりにアコギの要領でブリッジ位置にメイプル3ミリ厚板を貼ってみた。
すでにコピーから逸脱し始めた。。



ネック材はオリジナルはマホのワンピース。
の筈だけど、ソリが怖くて半分に引き割って木目が向き合う形で接着。
また逸脱。。

ポジションマーク

イーストマンは2本目に買ったギター。
文句言いながらも長く使ってます。

先日もライブで使ったんですが、暗いステージで正面からだけのライトだとネック脇のポジションマークが真っ暗で見えなくて、、
これは前々から問題だと思ってたんです。

そんな訳で、指板面にポジションマーク入れることにしました。
あまり大仰に入れてイメージ変えたくはなかったので、5弦と6弦の間に2ミリのアルミ線でぽちぽちっと。

ついでにフレットのクラウンの形を整えたり、指板を磨いたり、木製サドルを金属製に換えたり、ナット溝をいじったり、いろいろファインチューニング。
もともと低域が出過ぎる個体なのでちょっとギラつく弦が合う。
たまたま楽器屋で見つけたディーンマークレイの12からのセットを張ってみた。
テンションキツ目、でもちょうどいい。

bpm300越え

くたびれた~。
脳みそが。
ビッグバンドのギターがなぜあんなピッキングをするのか少しつかめた気がする。
あくまで気がする。
あれは必然てやつだね。
プロフィール

jijitarou

Author:jijitarou
趣味のギター作り。
製作日記はこちら
http://ahmg.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。