スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近はシェラック

最近は作る方はお留守で、弾く方に。
先日も魂柱ギターもってセッションへ。
そこで知り合ったジャズ歴40年!のギタリスト?ベーシスト?の方に所有するダキストだとかアイバニーズのお話を聞くことができた。
昔の写真とか。
若者のような派手さはないが心の底から歌う様な渋いソロだったな~。


製作の方はシェラック塗装を気が付いた時にチマ、チマっとやってます。
塗膜はホントに極薄。

配線ピット堀

ここまで来ました。
配線ピット堀り。
EMGの配線部品からレイアウト考えたらこうなりました。


ここまで
実は、、
インレイで大ポカ。
順番間違ってる…

ギターじゃないけど

ギター製作始めたおかげで木工の手法がいくつか身についた。
今回はテーブルの天板を作ってみた。
材は指定によりタモに着色。
送られてきた色見本にはオーク調と書いてあり、ぱっと見、ギター関連でみたらローズ色。
オークってブナ、コナラの類い(白っぽい木の広葉樹)でしょ?と疑問を持ちつつ材料調達。
手に入ったのは板目の幅200mm51mm厚材。

バンドソーをさらに改造して何とか200mmを引き割った。
この時点で材料が結構反っていることに気付く…
電動かんなをかけたりいろいろやってみたがこりゃラチがあかんと思い直し、ふとあるホームセンターの加工場の話を思い出す。
廃材など釘が入っている可能性のあるもの以外なら持ち込み材料も加工してくれるって。
電話してみたらokだった。
用途と寸法を指定してプレーナーに通してもらった。
今回は3枚継ぎ接ぎなので、接着面を出すためについでに巨大な縦切りの機械で直線カットもしてもらった。
これだけやってもらってコーヒー一杯分程度!
今後もまた頼みに行くと思います。

で、ジョイント。
あ、でもこの写真は製材前の暴れた状態…


で、これが仕上がったもの。
いつもながら工程写真はしょってますが。
作業に入ると短期集中タイプなので。



板目と柾目ではかなり仕上がりが違うなぁ~。
節の周りがどうしても染まらない。
天然木らしいっちゃぁらしいけど、気になる人はきになるかなぁ。
着色はstewmacのタバコブラウンに少し赤。
速乾ニスを薄く吹いて色止めしてからワックスで仕上げました。

脚はウチで作ったものです。
赤坂の某ホテルに収まるらしいです。

久しぶりに 続


指板にインレイの穴掘り一段目。
パーロイドのブロックタイプ。
初めて。
面積広くて結構時間かかった。


二段目。
一度に深く掘れないので2回に分けて掘った。


黒い瞬間接着剤で接着。


硬貨後サンディング。
1500番まで磨いた。
ピカピカの指板なんてど~なのよ?と、、
スミマセン、私の食わず嫌いでした。


ここまで。

久しぶりに

久しぶりにギター制作に手をつけてみた。


すっかり勘がどこかへ行ってしまった。


だんだん姿を表して来ました。
初EMGピックアップ。
ブリッジはローラーブリッジ。
この弦の角度の設計だとこれしか干渉しないものはないんじゃないかな。
プロフィール

jijitarou

Author:jijitarou
趣味のギター作り。
製作日記はこちら
http://ahmg.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。